不動産のクーリングオフについて紹介したいと思います。

クーリングオフというのは、たとえば訪問販売や通信販売などで購入した物を返品したり解約したりする場合に行われますが、不動産にもクーリングオフはあります。
一定期間内に契約の解除ができるというもので不動産物件を売買した場合でもこのクーリングオフが適用されるといわれています。
不動産の取引でクーリングオフが利用できるというのは、売主が宅地建物取引業の場合でつまり不動産屋ということですね。

そして事務所以外の場所で不動産契約が行われた時には不動産のクーリングオフを利用することができるといわれています。クーリングオフの適用になるのは8日以内に書面で申し出た時に限って適応されます。
ですから不動産のクーリングオフも商品のクーリングオフも同じです。

不動産取引のクーリングオフがもしも適用になったときには授受したお金は無利息で返金されることになっています。

不動産契約をする場合にはきちんと比較検討をしてから契約をして出来るだけ不動産取引のクーリングオフを利用することのないようにするのが一番ベストですが、不動産会社で悪質な会社の場合には強引に不動産契約を取り付けることがありますからこのような場合には不動産クーリングオフを利用するといいですね。