不動産を借りる正しい流れについて紹介したいと思います。

まず不動産を借りる流れとしては不動産物件を情報収集していろいろな物件を調べます。
そして不動産物件を見学して自分の目で不動産物件の確認をします。その後、不動産物件を選びます。
不動産物件の入居申し込みをして重要事項などを不動産会社から説明を受けて契約をするという流れになっています。
不動産会社から鍵を受け取れば入居することができます。
逆に不動産物件を引き渡す場合の引っ越しの際の流れをこれから紹介したいと思います。

不動産物件の契約が終了して引っ越しをした場合には不動産物件を明け渡すことになります。
その際に、あちこち大家さんや不動産会社がチェックをして敷金の清算をすることになります。
敷金はあらかじめ不動産に入居する際に支払っておいて退去する際に返金してもらえるお金ではありますが、たとえば入居期間中に壁紙を破いてしまったとか補修をしなければいけないようなことがあった場合には敷金から支払うことになりますから敷金が返ってこないということもあります。

不動産物件を借りる流れはこのようになっていますが、不動産会社選びから始めた方がいい場合もありますから物件と会社選びは慎重に行いましょう。