不動産媒介契約について紹介したいと思います。
不動産を売買する場合には不動産媒介契約という言葉を聞くと思います。
不動産媒介契約というのは不動産を売却したり買い替えたりする時に、売却活動をスタートさせる前に不動産会社と決めておく契約のことです。

宅地建物取引業法によってこの媒介契約は決められているのですが不動産を依頼した人が専属専任媒介契約や専任媒介契約、そして一般媒介契約の中から一つ選ぶことができます。
この不動産媒介契約の期間は、3か月と決められているのですが不動産を依頼している人の希望があれば更新することが可能です。

不動産会社は不動産を依頼している人と媒介契約を結ぶときには宅地建物取扱業法で決められた項目を記載した媒介契約書を発行することが決められています。
今は不動産を依頼した人と不動産業者の権利や義務をはっきりとさせるために国土交通省が標準媒介契約約款というのを作っていて媒介契約を平等にするように図っているようです。

この三つの不動産の媒介契約の種類がありますがこれはそれぞれ中身が違っていてそれぞれにメリットもあればデメリットもありますからそのことについてはまた説明したいと思いますのでそちらをご覧ください。