不動産投資のデメリットについて紹介したいと思います。

家賃収入で利益を得れば毎月決まった金額がもらえますから不動産投資をしていれば安心だという人も多いかもしれませんが不動産投資にもデメリットはあります。

不動産投資のデメリットとしてはもしも所有している不動産の空き室が出てしまったときにはこれは家賃収入が発生しませんからその分のリスクになるかもしれませんね。

また家賃も毎月決まっているとは限りません。家賃が極端に下がってしまうこともあります。
特に空き部屋が増えた場合などには家賃を下げてしまいますからそれによって不動産投資の額が下がってしまうというデメリットがあります。

そして不動産投資のデメリットとしては家賃滞納をしている入居者がいた場合にはそれはリスクにはなるのではないでしょうか。

また不動産投資では天災によって何か不動産物件にもしものことがあった場合には建て直しなどが必要になることもありますからデメリットになる可能性がありますね。

不動産投資のデメリットとしてはほかにも、建物が古くなってしまったときには修繕する必要が出てきたりしますからこちらもデメリットに入るかもしれませんね。

不動産投資をする場合はこれらのデメリットを踏まえたうえで考えるといいですね。