不動産賃貸契約について紹介したいと思います。

不動産賃貸契約の方法はいろいろな方法があるのですが一般的に大家さんと借りる人と不動産会社の3人で契約を行う場合と、不動産会社と借りる人だけで行われる場合の二つのパターンがあります。

不動産賃貸契約をする場合には一番はやはり3者間で行うのがベストなのですがやはり一番多いのは不動産会社との契約ではないでしょうか。

連帯保証人も立ち会って契約をする場合もありますが最近では印鑑証明書が添付されていれば、立会なしで不動産賃貸契約ができることの方が多いようですね。

不動産賃貸契約書を確認する場合には不動産物件の住所や家賃、管理費や敷金礼金、そして不動産契約の期間や更新の際の内容、契約の解除や家賃の支払い方法などいろいろなことが記載されていますから確認しておきましょう。

この場できちんと確認しておかなければあとから不動産会社とトラブルになったりしますからきちんと確認してきましょう。
そして不動産契約金などの領収書などは、必ずもらっておくようにします。

そして、契約を済ませた後にもしも可能なのであれば、不動産賃貸物件に足を運んで引っ越しのための準備などを始めるとスムーズに引っ越しができるのではないでしょうか。