不動産鑑定について紹介したいと思います。

不動産鑑定というのは何かというと、不動産の価格を分析したりして不動産価値を知るための鑑定のことを言います。

不動産鑑定をしてもらう専門家を不動産鑑定士と言いますが不動産鑑定士は不動産の鑑定評価に関わる法律に基づいて行われる国家試験に合格をして国交省に登録している人が不動産鑑定士になることができます。

不動産鑑定士の主な仕事というのは地域やその環境などを視野に入れながら不動産の有効利用を判断してその不動産の適正な価格などを判断するというのが仕事です。
不動産の鑑定を行える人というのは唯一不動産鑑定士だけだといわれています。

不動産鑑定評価の方法には原価方式と比較方式と収益方式の三つの方法で行われています。
不動産鑑定と不動産査定というのはよく間違われることなのですが、不動産査定は近くの取引価格や今までの例などから対象になっている不動産の価格を決める流通価格のことを言います。
不動産鑑定士が不動産鑑定をした場合には不動産の評価額を出しますから流通価格か評価額七日という違いがありますね。

不動産鑑定を依頼する場合には不動産会社を通じて依頼するか直接不動産鑑定士に依頼するのがいいのではないでしょうか。